モズクフコイダンとは?


モズクモズクはスーパーやコンビニでもよく見かける身近な海藻です。
海の中に生息しているので、海のミネラルやヌメリ成分のフコイダンを豊富に含んでいます。
海藻だからカロリーも低く、ツルツルと食べやすいので、酒のアテにも人気があります。
フコイダンはワカメや昆布にも含まれていますが、それぞれに特徴があるので、モズクに含まれるのは、モズクフコイダンと呼ばれています。

生のまま食べられるので、モズクに含まれている成分を損なわずまるごと摂取できるのも魅力です。生のモズクには海のミネラルと食物繊維が豊富に含まれています。カルシウムやマグネシウムなど、骨の健康維持に欠かせない成分を手軽に摂取できます。カルシウムとマグネシウムが不足すると、骨粗しょう症のリスクが高まりますが、毎日の食事では不足しやすい成分です。モズクなら毎日は無理でも、比較的取り入れやすいですし、カルシウムとマグネシウムがバランスよく含まれているのも魅力です。

モズクフコイダンと呼ばれるのは、多糖類の一種で、ヌメリ成分の中にあります。水溶性食物繊維としても知られており、こちらも美容と健康に欠かせないものです。水溶性食物繊維はフコイダンの他に、アルギン酸も含まれていて、両方とも健康効果が期待できます。食物繊維は、老廃物の外出を促す働きが注目されがちですが、他にもコレステロールや脂質の吸収を抑えたり、悪玉コレステロールを退治してくれたりする働きが注目されています。